酒とロック

WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

WordPress WordPressプラグイン

WordPressプラグイン「Contact Form 7」でできるスパムメール対策

2014/07/13

ブログから来るスパムメール

アフィリエイトの規約順守のため、ブログサイトへのコンタクトフォームを設けています。もちろん、読者からの質問を受ける役割もあります。

そのため、WordPressブログでカンタンに問合せフォームを作成することができるプラグイン「Contact Form 7」を導入することが多いです。

この「Contact Form 7」。デフォルトの設定だけで設置すると、スパムメールが多数寄せられることがありました。

こんな感じ…。

Contact Form 7を設置したらスパムメールが増えた

これだけスパムメールが来ると、さすがに迷惑です。

Contact Form 7の設定変更でスパム対策をする

Contact Form 7のデフォルト設定で使用するのではなく、オプション機能を追加してあげれば、スパムメールを劇的に減らすことが可能です。

入力フォームにチェックボックスを追加する手順

手順1

Contact Form 7の設定を変更する
WordPress管理画面から、プラグイン>インストール済みプラグイン>Contact Form 7に行き、設定をクリックする。

手順2

Contact Form 7の設定を変更する
インストール済みのプラグイン「Contact Form 7」の「編集」をクリックする。

手順3

2014-06-20_18_42_36
編集画面が表示される

手順4

2014-06-20_18_42_36
タグの作成をクリックし、承諾の確認を選択
承諾の確認を選択する

手順5

するとコードが生成されるので、左の編集画面に挿入。
生成されるコードを左の入力欄にコピーする。
これによりチェックボックスが問い合わせフォームに追加される。問合せしたい人のために、適当なわかりやすい文章を追加してpタグでくくり、適当な文章を入力します。
こんな感じになります。
2014-06-20_18_47_08

CAPTCHA機能をさらに追加する方法

私の場合、さらに強固なスパム対策を講じるために、画像の英数字を入力してもらう画像認証機能(ここではCAPTCHA機能とします)の追加を追加しました。

手順1

2014-06-21_13_03_24
要領は先ほどと同じです。CAPTCHA機能を追加するために、プラグインReally Simple CAPTCHAを新規インストールします。

手順2

Really Simple CAPTHCAをインストール
新規プラグイン追加画面から、Really Simple CAPTCHA を検索し、インストールしたら有効化します。
2014-06-21_13_16_04

手順3

再び、インストール済みのプラグイン画面から「Contact Form 7」の設定画面へ進み、タグの生成ボタンをクリック。

手順4

お好みの画像サイズ(パスワードが表示される画像のサイズ)を選択して、下に表示されるコードを左のフォーム入力欄にコピぺして編集します。
2014-06-21_13_20_08

まとめ

こうして完成したお問い合わせフォームがこちらです。
画像認証入力項目が追加された
画像に表示されたパスワードを未入力のまま送信しようとしてもエラーとしてはねられます。

未入力のまま送信ボタンを押すと、きちんとエラーメッセージがでるようになった

未入力のまま送信ボタンを押すと、きちんとエラーメッセージがでるようになった


プログラムによる問合せスパムはこれで完全に封じることができるでしょう。

さらに、スパム対策に欠かせないプラグイン「Akismet」 をContact Form 7と連携させて、さらに強固な対策することができますが、先述した機能を追加するだけでスパムメールがピタッと来なくなりましたので、私は設定をしなくても良いかなと思います。ここでの説明も割愛しました。

photo credit: notoriousxl via photopin cc

-WordPress, WordPressプラグイン