酒とロック

WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

excel Mac

Excel(エクセル)に「=(イコール)」ボタンを追加入力する方法

エクセルのメニューに「=」ボタンが消えた…

MacのOffice2008のサポートが切れたので、Office2011バージョンアップしました。MicrosoftのOfficeは個人的に好きになれないのですが、エクセルだけはどうしても仕事上使わなければなりません。

Excel(エクセル)をバージョンアップするたびに困るのが、「=(イコール)」ボタンがどこかへ消えてしまう点。エクセルのバージョンアップは2回目なのですが、毎回行う設定ではないため、バージョンアップのたびに「=」が消えてしまい、その設置方法をいつも忘れてしまいます。

イコールボタンを追加する方法を絶対に忘れないためにも、備忘録として記しておきます。

手順1 メニューバー上で右クリックをして設定画面へ

まずは新規ファイルを作成します。ファイルが開いたら、メニューバー付近で右クリックを選択。
エクセルにイコールボタンを追加する
すると「ツールバー/メニューのユーザー設定」という項目が表示されるので、これを選択します。
エクセルにイコールボタンを追加する

手順2 イコールボタンを選択し、メニューへ追加する

表示される画面のタブから「コマンド」を選択し、画面左の「分類」から「挿入」を選択。
エクセルにイコールボタンを追加する
次に画面右の「コマンド」を下にスクロールして、「"=" = 挿入」を選択。
エクセルにイコールボタンを追加する
それを選択したまま、挿入したい場所にドラッグして、ボタンを追加したら作業完了。
エクセルにイコールボタンを追加する

まとめ

それほど難しい設定ではありません。
しかし、Microsoftのソフトは、バージョンアップされるといつも使い方に迷いが生じます。

バージョンが新しくなっても、いつもどおり使えるインターフェイスであることを切に願います。その点、Apple社の製品は直感的に操作できるので気に入っています。Microsoftも見習って欲しいです。

-excel, Mac