酒とロック

WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

Mac

google日本語入力の変換候補から必要のない単語を削除する方法

google日本語入力が便利すぎて手放せません。
入力したい単語をズバッと変換候補に表示してくれるので作業効率が格段に上がります。

これほど頭が良いソフトがフリーなんですからgoogleのスゴさが身に染みます。
「ことえり」はもう使う気になりません。有料の「ATOK」も、もう購入することはないでしょう。

さて、そんな便利すぎるgoogle日本語入力ですが、変換能力が高すぎて不便なことも若干あります。ミスにより変換してしまった単語までどんどん学習してくれるので、そうした単語までも変換候補として表示するようになってしまうのです。

これ、そのままにしておくと結構煩わしいんです。

たとえば私の場合、「よろしくお願いいたします。」と変換すると、以前に間違えて入力した「よろしくお願いいたします。分」という文字に変換されてしまっていました。
google日本語入力
当然ながら、「分」は余計な文字ですので、このサジェスト表示は余計です。

そこで、そうした必要のないミス単語を変換候補に表示させてないために、予測変換単語の削除方法を記録しておきます。

要らないサジェスト表示を削除する一般的な方法

「よろしく」と入力するとサジェスト表示されますので、そこに表示されている「よろしくお願いいたします。分」をタブキーで選択します。
サジェスト表示されている下の部分に「control+fn+deleteで履歴から削除」と表示されています。
サジェスト表示の削除方法
このとおりキーボードを押してあげればよいだけです。

google-3
これでスッキリしました。

サジェスト画面から削除できないときは辞書登録画面から削除する

ただし、自動的に辞書登録されてしまった場合は、どうも上記対応ができないことがあるようです。

たとえば、これ。

「引き上げます」と入力したいのに、訳あって「ます」=「〓」と辞書登録していたためか「引き上げ〓」と変換されてしまいます。
google-4
しかも「ひきあげます」と入力してサジェスト表示される画面にあるはずの「control+fn+deleteで履歴から削除」が選択できません。

辞書登録から変換ミス単語を削除する

その場合は、辞書登録を削除しましょう。

デスクトップ右端メニューバーに表示されている「google日本語入力」のアイコンにマウスオーバーして、環境設定を選択。
google日本語入力の環境設定を開く

環境設定画面が表示されたら「辞書」タブを選択。「ユーザー辞書の編集...」をクリックします。
google-6

変換ミスで登録されている単語(この場合は「引き上げ〓」)を探し出し、削除すればOKです。
変換ミスで登録された単語を削除する

google-8
上記作業をした後でも、サジェスト表示されることがありますが、その時は「control+fn+deleteで履歴から削除」することができます。

まとめ

google日本語はとても便利ですが、変換ミスした単語まで学習しますので、定期的なメンテナンスが必要です。
こうしておくことで、変換スピードがアップし、作業効率も飛躍的に向上します。

-Mac