WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

saketorock

stinger WordPress

STINGER PLUSを導入。Googleアドセンスの広告表示をポリシー違反しないように切り替え設定しました

更新日:

WordPressのテーマをSTINGER5からSTINGER PLUSに変更しました。

STINGER PLUSになってから、カスタマイズのしやすさがグンとアップしていて使い勝手も素晴らしいですね。無料でこんな便利なテーマを提供してくださって、作者の方には心から感謝したいです。

さて、STINGER PLUSに変更するにあたって、Googleアドセンスの表示方法も変更することにしました。

具体的には、アドセンスのポリシー違反にならないようにするための対応です。

私は「orange united」という別のサッカーブログで「お酒」の記事をエントリーしています。このお酒の記事を書くときはGoogleアドセンスを表示させてはいけないというルールがありまして、これに違反しないように対応しました。

このあたりの対応方法は「記事カテゴリによってアフィリエイト用バナーを自動的に切り替えて表示させる方法」で紹介していますので参考にしてみてください。

今回は、STINGER PLUSでの同対応方法を備忘録です。

追記

この記事をエントリー後、phpのカスタマイズではなく、プラグインによる設定方法を採用しました。こちらの記事⇒これは便利!phpの修正なしで記事のカテゴリごとにアドセンス表示を切り替え可能!神プラグイン「Display Widgets」の設定方法を参考にしてください。

PHPファイルの記述

各記事のアドセンスを読み込む記述はsingle.phpにあります。このファイルの記述を変更すればOKです。ちなみに、子テーマを導入している場合は、親テーマのsingle.phpを子テーマにコピーしてから記述変更を行います。

記述を変更するのはsingle.phpの120行目付近。

これを以下のとおりに変更しました。

これでうまくいきました。

まとめ

なお、このアドセンス広告表示切替を行ったのは、先述した別ブログ。
※本ブログも対応しました。「PIXAR(ピクサー)のオープニングムービーの作り方」ではアドセンスを表示していません。

こちらの記事「プレミア焼酎&プレミア日本酒を定価で買える酒屋はどこ?」ではお酒の話をエントリーしていますが、アドセンスは表示していません。

他にも良い書き方があるかもしれませんが、これで思ったとおりの動作をしてくれています。

いうまでもなく、single.phpを変更するときはバックアップをとってくださいね。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-stinger, WordPress
-,

Copyright© saketorock , 2017 All Rights Reserved.