WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

saketorock

Illustrator

たった2ステップでOK! Illustrator(イラストレーター)で線がずれるときに試したい修正方法

更新日:

Illustratorのお話です。このエントリーはちょっとマニアックですが、web用のバナー広告などを制作する際に知っておきたいノウハウなので、忘れないように備忘録です。

規定サイズの内側に線を引くことができない

Illustrator CS5を愛用しています。イラレで作業することが多いのですが、web用の素材を作成する際に困ることがあります。

バナーサイズと同じ外枠を作成する際、線がずれる現象がおこります。0.5pxほどずれるんです。たとえば、300×200pxサイズと同じように、内側へ罫線を挿入する場合、こんな感じにズレてしまいます。

Illustrator
Illustrator

サイズ内に正しく線を入れるための手順をメモします。

「ピクセルグリッドに整合」のチェックを外す

解決法はカンタン。

Illustrator上で、「ウィンドウ」>「変形」のタブ設定を変えてあげるだけで、規定のサイズ内にキレイに線を引くことが可能です。

手順は以下のとおり。

  1. Illustratorのメニューから、「ウィンドウ」>「変形」と選択して、変形タブを表示させる。
  2. 変形パレット

  3. 変形タブを表示させたら、「ピクセルグリッドに整合」に入っているチェックを外します。

ピクセルグリッドに整合のチェックを外す

これでキレイに線が引けるようになりました。

Illustratorの線がずれる問題が解消された

まとめ

無責任ながら他のバージョンの修正方法が、これと同じようになるかどうかはわかりません。しかし参考になればと思います。

些細な不具合ですが、この設定を無視してIllustratorからjpgに変換すると規定のサイズにならないことがあるので、ぜひとも覚えておきたいです。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Illustrator

Copyright© saketorock , 2017 All Rights Reserved.