WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

saketorock

iphone ガジェット

モバイルバッテリー「cheero Energy Plus」を購入してみて感じた。重さを気にしすぎるのはナンセンスだった!

更新日:

以前、「おすすめのモバイルバッテリーと損をしない買い方8つのポイントとは?」という記事をエントリーしていますが、私が購入したモバイルバッテリー「cheero Energy Plus 12000mAh」について感想をエントリー。
cheero Energy Plus

モバイルバッテリーを買って感じた必要な容量とは

当初、モバイルバッテリーに求めていたのはとにかく軽いことでした。ゆえに、充電も1回できればいいやと考えていたのですが軽いのは良いけれどiPhoneの充電がなくなっては意味がないことに気がついた次第です。

というのもモバイルバッテリーが活躍するシーンは、私の場合、旅行中がほとんど。

たとえば個人的にはGoogle Mapsを使うことが多いわけです。しかも、スマホを取り出して調べ物をするのは家族も同じ。軽さを気にするあまり1回しか充電できないようなモバイルバッテリーを持ち歩いていても、すぐに充電切れ…なんてまったく意味がありません。旅行中、電源を確保できない時間は一日中だと思ってよし。

というわけで、一台にまとめて容量がたっぷりあるものを買った方が良いという結論になりました。

で、購入したのが「cheero Energy Plus 12000mAh」というわけです。

実際に「cheero Energy Plus」を買ってよかったと思ったのは、二台同時に充電してもまだまだ余裕があるということ。
cheero Energy Plus USB

二台同時充電できることの重要性はそれほど認識していませんでしたが、先日、スキー旅行(安比高原スキー場へ。スキー場近くのヴィラ3に泊まってみた)にでかけたときには本当に助かりました。そりゃそうです。一日中、電源のないところで遊んでいれば、そりゃあバッテリーだって消費します。

具体的に一体、どのぐらい充電するようになるのかという話ですが、使用しているiphone5sを朝から使い倒して(LINE、メールチェック、ナビ使用、ゲーム少々などで)3回充電でOKでした。同行した家族の分も充電してあげるとやっぱり4〜5回分の容量はいるのかなというのが実感としてあります。

モバイルバッテリーを購入する際、もっとも重要なのは容量。最低でも4回充電することを考慮すると、バッテリーに必要な容量は…

​必要な容量=スマホのバッテリー容量×充電したい回数÷60%

ですから、1200mAh以上は欲しいところです。
※だいたいスマホの容量が1800mAh(iPhone6は1810mAh)だと仮定した場合。

参考おすすめのモバイルバッテリーと損をしない買い方8つのポイントとは?

大容量モバイルバッテリーについては、実際に使ってみると大容量タイプのものにしてよかったなぁと痛感します。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

気にしていた重量も実際に使うとまったく感じなかった

購入するまでは、こっちは200gで、こっちは250gあって…と、重量の違いにあーでもないこーでもないと悩んでいました。しかしリュックに入れていれば、まったく気になりません。

よく考えたら、そりゃそうです。

他にも荷物があるなかで200gが250gになったとして、大きな差を感じることなどありません。むしろ気がつくほうが稀です。

実際に買ってみて、そんなことよりも5回、6回と充電できたほうが、よほど役に立つんだなぁというのが実感でした。

デザインはPower Plus 3よりEnergy Plusのほうが好き

cheero Energy Plus 12000mAhは、デザインも、そのフォルムも、とにかく無駄がありません。究極のシンプル。がゆえに、飽きがまったく来ないのも良い感じ。
cheero Energy Plus
最近人気の「cheero Power Plus 3 13400mAh」は大容量だし、軽量化が進んでいるしで、「cheero Energy Plus」よりも一歩リードしている感じがしますがデザインでいえばやっぱりcheero Energy Plusのほうが気に入っています。

おまけの巾着袋もしっかりしているし、デザインも丁寧。安物感をまったく感じさせないのがグッドですね。
cheero Energy Plus付属品の巾着

LEDライトと電池残量について

LEDライトもついていて、こんな感じに光ります。これについてはあまり実用性は感じません。まぁ、このライトはいらないから、少しでも軽量化して欲しいというのが本音でしょうか。あって悪いものではありませんけどね。
cheero Energy PlusのLEDライト

大容量のモバイルバッテリーは充電を満タンにするまでにそれなりに時間がかかります。

外出前に充電残量が確認できないと毎回充電をしなくてはなりませんし、不安になります。だからこそ、電池残量表示機能(残容量インジゲータ)はあってよかったです。ボタンを押せばランプが表示されるので、一目瞭然なのはうれしい。
cheero Energy Plus 残量インジケータ

まとめ

とはいえ、実用性を強く求めるならば「cheero Power Plus 3」一択ですね。デザインも選択肢にあげるならば「cheero Energy Plus」かな。いずれにせよ、良質なモバイルバッテリーを世に売り出しているcheero社はすばらしいメーカーだと思いました。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-iphone, ガジェット

Copyright© saketorock , 2017 All Rights Reserved.