WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

saketorock

Mac

Mac かな英数変換の文字入力ソース切り替えをコマンド+スペースに設定する方法

投稿日:

Mac かな英数変換の文字入力ソース切り替えをコマンド+スペースに設定する方法

Macを新機種に買い替えたり、MacOSをアップデートして、
真っ先にこまるのが、Command(コマンド)+Space(スペース)で
日本語と英数変換の切り替えができなくなるやつ。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

デフォルト設定では
スポットライト検索になっているようで、
何気にこの設定がうっとおしい。

MacのUSキーボードにした場合も
「かな」キーがないため、この設定は欠かせない。

とにかく、Command(コマンド)+Space(スペース)で
文字入力ソースの切り替えを行うための設定方法を備忘録しておこう。

文字入力(かな・英数変換)の切り替えをするショートカットの設定

設定は難しくない。
やり方さえ分かれば簡単だ。

Spotlight検索のショートカットを無効にする

まず、Finderからシステム環境設定を選択。
※デスクトップを適当にクリック後、画面最上部のリンゴマークをさらにクリックすると以下のような画面になるので赤枠どおりクリック。

システ環境設定の画面が表示されたら、上段二段目にある「キーボード」アイコンをクリックする。

表示された画面のうち、「ショートカット」を選択。

次に画面左に羅列されているリストから「Spotlight」を選択し、次に画面右に表示されている「Spotlight検索を表示」に入っているチェックを外す。

この欄右側に「⌘スペース」(コマンドスペース)とあるが、ここのチェックを外すことで、コマンドキーとスペースキーを押したときのショートカットが無効になる。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

入力ソースのショートカットを設定する

ここまでくれば、入力ソースのショートカットを作成するだけ。

先ほど表示させた「システム環境設定>キーボード>ショートカット」の画面のうち、左に表示されているリストから「入力ソース」を選択し、今度は右側にある「前の入力ソースを選択」の文字の上をクリックし選択する。

「⌃ スペース(コントロールスペース) 」の文字の上をクリックするとショートカットの編集が可能になる。ここでは「コマンドキーとスペースキー」のショートカットで入力ソースの切り替えを行いたいので、文字どおり「コマンドキーとスペースキー」を押して上げる。

すると、⌘(コマンド)スペースと表示されるはずだ。

まとめ

以上で作業は終了だ。
入力ソースの切り替えが
希望したとおり、⌘(コマンド)スペースでできるようになったはずだ。

もちろん私のように「システム環境設定>キーボード>入力ソース」の設定が3つ以上あると、希望通り英数字とひらがなの切り替えにならないこともある。

この設定は、あくまでも「前の入力ソースを選択」するためのショートカットなのであしからず。

にしても、Command(コマンド)+Space(スペース)で文字入力ソースの切り替えできるようにデフォルト設定としてほしいものだ。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Mac

Copyright© saketorock , 2019 All Rights Reserved.