酒とロック

WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

Illustrator

Illustrator(イラストレーター)で文字にボカシの入った白フチを付ける一番カンタンな方法

ずっと悩んでいた問題がようやく解決しました。Illustrator上で文字にボカシの入った白フチをキレイに付ける方法です。

何も考えずに文字にボカシが入った白フチを付けると、思ったよりもフチが薄くなってしまいイメージどおりにいきません。
Illustrator

Photoshopだと一発でキレイに付けられるので、余計にイライラしちゃいます。文字に付けるボカシ白フチをもっと濃くハッキリと見せるための手順を備忘録しておきます。

アピアランスの光彩(外側)を使う

まず、ボカシ白フチを文字に付けるには、アピアランス効果を使います。
メニューバーの「ウィンドウ」から「アピアランス」を選択し、ウィンドウパレットを表示させます。
Illustrator

文字オブジェクトを選択しつつ…
Illustrator
先ほど表示させたアピアランスのパレットの下部から「新規塗りを追加」をクリックします。
Illustrator

するとアピアランスのパレット表示は
Illustrator
から…
Illustrator
といった感じに変わります。

アピアランスのパレットに表示された「塗り」を選択(塗りパレットを選択すると色が変わります)。
Illustrator

パレットの「新規効果を追加」をクリックし
Illustrator
表示されたメニューから、スタイライズ>光彩(外側)... を選びます。
Illustrator
ボカシが上手くいかない!って思っている人は、ここまでは実行しているかと思います。

このままボカシ白フチを文字につけると冒頭でも紹介した物足りないボカシ文字に終わってしまいます。

この時、設定は描画モード:通常、不透明度70%、ぼかし3pxです。
Illustrator

さらにもう一丁!アピアランスの光彩(外側)を再度使うだけでOK

で、いまイチ、ぼんやりとしたボカシフチを、もうちょっとハッキリさせるには、いままでの作業をもう一回やってあげれば良いのです。

つまり、アピアランス>スタイライズ>光彩(外側)...の工程をさらにもう一度こなすわけです。

実際にやってみましょう。

光彩(外側)の設定値を何も考えずに先ほどと同じにすると以下の様な感じになります。
Illustratorでボカシ白フチつける
だいぶはっきりしました。

ココからは好みなのですが、ちょっとハッキリしすぎなので、私の場合は設定を変えています。

不透明度を40%にし、ぼかしも4pxと変えました。
Illustrator

まとめ

Illustrator上で文字にボカシフチをつける場合は、アピアランス効果を利用する。
さらにその際は、「光彩(外側)」を2回やってあげれば良い!

ちなみに私の環境はMacOS10.10.2、Illustrator CS5です。CSであれば、Mac、Windowsも同じようにできるのであはないでしょうか…。

以上でしたヽ(=´▽`=)ノ

-Illustrator