WordPress、Mac、その他日常で覚えておくべきことを備忘録としてメモしています。

saketorock

Mac

Gmailを複数台のMac(Mail.app)で受信する際、webサーバーにメールを残しておく方法について(IMAPではなくPOPで受信する方法)

投稿日:

仕事用にGmailアカウント取得しました。

職場のスタッフ複数でそのアカウントに受信されたメールを読みこみたいのですが、これがうまくいきません。

私のMac環境はMacOS Sierra 10.12以上なのですが、Mail.appで受信すると、ウェブサーバーに受信されているメールがすべて吸い上げられてしまい、なくなってしまうのです。

Macでメーラーを立ち上げると、元の受信メールがすべて消えてしまうので複数台でGmailを確認することができません。Mac側でIMAP方式でメールを受信していたのが原因でした。

複数のMacでGmailをMail.appで受信ためには、Gmailの設定をPOPで受信する必要があります。

その方法について備忘録です。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

Gmail側の設定

まずはブラウザでGmailを開きます。

Gmailの設定を変更する
受信トレイ画面の右上に設定アイコンがあります。
歯車みたいなアイコンをクリックし「設定」へすすみます。


設定画面の上部タブのうち「メール転送とPOP/IMAP」を選択。
「すべてのメールでPOPを有効にする」にチェックをいれて保存します。

Gmailの設定はこれで完了。

PC側の設定

Macのメーラー(Mail.app)を起動させます。

起動させたら環境設定を開きます。
(メール>アカウントで開いてもOKです)

環境設定画面の右下にある
+(プラス)マークをクリックして
新しいアカウントを作成します。

メールアカウントのプロバイダを選択する画面が表示されます。
この時、Gmailを利用していますがここではGoogleを選択しないでください。
「その他のメールアカウント...」を選択して「続ける」を押します。

Gmailのアカウント情報を入力します。
ただし、パスワードについては、
正しいものではなく間違えたものを入れてください。

これによって、POPサーバーの設定画面を
強制的に表示させることが可能になるからです。

するとエラー画面が表示されます。
表示された画面に正しいパスワードを入力。
さらに、アカウントの種類を「POP」に変更します。
受信用メールサーバーは、pop.gmail.com にします。
入力完了後、「サインイン」をクリック。

するとGmailが受信されるはずです。
この時点で受信はPOPで行っていますので、
ブラウザのメールは消えることはないと思います。

ですが、さらに詳細設定をしていきます。

先程のメールの環境設定を再び表示。

新しくできているアカウントを選択。

「アカウント情報」のタブを選択したら受信メールをサーバーから削除する期間を設定することができま。

ここではずっとサーバーに受信メールを残しておきたいので、
「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから削除」のチェックを外しました。
つづいて、「メールボックスの特性」の設定を確認。
特に変更することはないので、そのままにしました。
さらに「サーバー設定」を選択。
するとこんな画面になります。

ここでは少し設定をします。
受信用メールサーバー(POP)と送信用メールサーバー(SMTP)欄の下にある
「接続設定を自動的に管理」のチェックを外します。

するとポートを入力する欄と認証欄が表示されます。

受信用ポートは「995」
送信用メールサーバー(SMTP)のポートを「465」に変更します。
これで設定完了です。

まとめ

Gmailを複数のMacからメーラーで受信できるようになりました。

OSのバージョンによっては、設定画面が少し違うようですが、
おそらくこの説明でなんとか理解できると思います。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Mac

Copyright© saketorock , 2017 All Rights Reserved.